歌帳

日々の思いを歌にこめて

積み木の上

早朝に地震速報鳴動し凍りつきたる淡き日常
毎日の積み上げきたる生業を瞬時に崩す地震といふもの
禍々し神の来りて笑みたるかそも愚かなる人の迷ひか
気がつけば積み木の上に生きてをりそを人生と人は言へるを