歌帳

日々の思いを歌にこめて

年度末

やり残す仕事の多さ悔いる間もなく去る弥生晦の空
新しい職場に行くという人のために桜はすでに九分咲き