歌帳

日々の思いを歌にこめて

掛け違い

ちょとした思い込みから掛け違い歩調も話も合わなくなるの